中学地理
中学歴史
中1英数国パック

2010年12月02日

奇貨居くべし☆宮城谷昌光

浅田次郎の作品を先日まで読んでいましたが。
今は、宮城谷昌光さん著の『奇貨居くべし』。

奇貨居くべし(天命篇)

奇貨居くべし(天命篇)

価格:700円(税込、送料別)



舞台は、中国紀元前三国時代。
主人公は呂不韋という商人の息子ですが、父親に愛されていないという意識を抱きつつ、波乱万丈の旅に出、そこで出会った人々、出来事、そして生来備わっている美しい面差し、思考力、優しい心、運、縁により、彼を大舞台へと押し上げていきます。

人生とは不思議です。
何が縁で、何がきっかけで進むべき道が決まるかわかりません。
ひょんな事から出会った人々、そして出来事。
些細な拾い物が、大きな物を手に入れることになる。
それは決して物質ではなく、時代をも変化させる力となるもの。
大きな志であればあるほど、拾った物に意味を成してくる。

壮大な歴史小説ではありますが、人・自然を慈しむ事、心の立て方を感じさせてくれ、それは何気ない日常にこそ美があります。

周囲を見渡すと、家族がいて友人がいる。
それは自分を写す鏡なのだろう・・・・と思いました。

いつも愚息の文句ばかり言っている自分に、イタたたたた(−−+)ですあせあせ(飛び散る汗)
posted by tomomama at 20:21| Comment(8) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

宮城谷昌光

先日、地域のセンターの図書コーナーでふと手に取ったこの本。
この方の作品を見るのも初めて・・・だったのですが。
中国の歴史のにおいがぷんぷんしてて・・・。

奇貨居くべし(春風篇)

奇貨居くべし(春風篇)

価格:680円(税込、送料別)



思わず、借りたハートたち(複数ハート)
歴史小説はもともと好きで、先日までは『蒼穹の昴』の浅田次郎や平安王朝だと永井路子の作品とか読んでいましたが・・。
こんどはこれだあ〜〜!!るんるん

家に帰ってむさぼるように読みました。
とても興味深く、面白かったです。
主人公呂不韋のお波乱万丈の人生を描かれています。後の、秦始皇帝の父と言われていますが、孟嘗君なども登場し、当時の時代背景が感じられるのがやはり歴史小説の面白さの醍醐味。

これはシリーズなので続編がまだまだあります。
楽しみが増えました^^



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


紫紺と魔女たちの22時で話題の『ブゴク』
posted by tomomama at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お買い得なのでコンタクトレンズはネット注文してます。
でも!定期的に眼科で診察されることを忘れないで下さいね!

ワンデーアキュビュー(1箱30枚入り・1日使い捨て) 2380円(税込)
アキュビュー(1箱6枚入り・1週間連続装用・使い捨て) 2380円(税込)
アキュビュー遠視用(1箱6枚入り・1週間連続装用・使い捨て) 2380円(税込)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。